カードローン申込み後は勤務先への在籍確認がある?

MENU

カードローン申込み後は勤務先への在籍確認がある?

 

金融機関でお金を借りる時には、審査の際に在籍確認が行われます。在籍確認とは本当にその人が申請をした会社で働いているのかという事を確認する作業となります。
在籍確認でそれ程神経質になる必要はありませんが、それでも抵抗を感じるという方はモビットでWEB完結申込みを行い、一定の条件を満たす事で在籍確認を回避する事が可能となります。

 

 

 

カードローンやキャッシング申込みをした時には、審査が必要となります。原則として審査に通るのは安定した収入のある人という事が条件となっています。その為に借入れ申請を受けた金融機関では、申込み人が申請書に書いた会社で本当に仕事をしているのかという事を調査する必要があります。その確認が取れない内は、お金を貸しても必ず返してくれるという確証を得る事ができないのです。
したがって借入申込みをした場合には、在籍確認といって職場に確認の電話を掛ける事が一般的となっているのです。
借入れが不可能な人は申込みの段階で断られる場合が多い為に、在籍確認が行われたという事は審査の段階に入ったという事になり、その場合には審査に通る可能性も高いと言えます。

 

【在籍確認ではどのような事が行われるのか?】

借入れの申込みをした金融機関から職場に電話が掛かる事には抵抗を感じる事でしょう。特に悪い事をしている訳ではなくても、お金を借りる事は誰にも知られたくないものです。それでもそれ程心配する事はないようです。たとえ消費者金融会社であっても社名を名乗って電話を掛けて来るような事はありません。基本的には個人名を名乗って会社に電話を掛けて来ますので、もし本人以外の人が電話に出たとしても貸金業者から電話が来たという事を悟られるような不用意な電話を掛けて来る事はないので心配は要りません。
それでも気になるようならば、事前に業者に依頼をして役職名をつけて呼び出しを依頼する事や、電話を掛ける人の特徴を指定する事も可能となります。
ただし、銀行の場合では特に怪しまれる心配がない為、銀行名で電話を掛けて来るケースが多いようです。

 

【それでも在籍確認を回避したいならモビットのWEB完結申込みを】
在籍確認が必須となる銀行や消費者金融のカードローンですが、それでも一部の消費者金融会社では在籍確認を回避する事が可能となっています。それは例えば三井住友銀行グループのモビットです。モビットでは「WEB完結申込み」を利用する事で在籍確認を回避する事が可能となりますが、それには一定の条件があります。

 

  1. ●三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人
  2. ●健康保険証や組合保険証を持っている人

以上の条件を満たす方は、WEB完結申込みをする事により在籍確認をする必要がなくなります。社会保険証を持っている事で、その会社の社員である事が明らかになるので在籍確認の必要性が無くなるという事です。そして三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている事で、審査に通ればそのままその口座へ振り込みされます。そしてその後ATM等でお金を引き出す事で融資を受ける事ができます。

 

 

カードローン審査で今月の1位は